idnetworks

シングルサインオンアプライアンス SSOcube

シングルサインオンに必要な機能をワンボックスに

シングルサインオンを導入を検討する場合、導入するまでに時間がかかります。検討/導入に時間がかかることがシングルサインオンの導入の障壁になることがあります。

NetSpring社のSSOcubeはシングルサインオン・システムをワンボックスでパッケージングしたアプライアンスにすることにより、シングルサインオンの導入を簡単に行えるようにして設計されています。

 

簡単に実現できるシングルサインオン

ログイン画面をクライアントが検知してユーザーの代わりにID/パスワードを入力する代理入力によるシングルサインオン機能をサポートしています。このような仕組みでシングルサインオンを実現するため、対象アプリケーションのプログラムの改造はもちろんシステム変更も発生しないため、簡単、かつ容易にシングルサインオンを実現します。

シングルサインオンシステムはi-Sprint社のUniversal Sign ON (USO)を採用しています。

 

セキュリティ強度を高めるマトリックス認証

ユーザーがシングルサインオンにログインした後は、対象アプリケーションへのログインはクライアントが自動的に行うためシングルサインオンシステムへのログインは単純なID/パスワードだけではなくより高度な認証が必要です。マトリックス認証はパスロジ社のPassLogicを採用しています。

SSOcubeではパスワードによる認証ではなくマトリックス認証も利用できるように最初から組み込んであります。

 

認証の組み合わせも可能

シングルサインオンを利用するために設定でマトリックス認証、パスワード認証が選べるだけでなく、セキュリティを高めるためにそれらを組み合わせた二要素認証もサポートしています。

 

旧メニュー