【ニュース】Leostream Connection Broker 8.0がリリース

Leostream Connection Broker 8.0がリリースされました。追加/向上された主な機能は以下の通りです。(詳細については、Leostream Connection Broker Release Notes をご参照ください。)

  • HP Moonshot システムの管理
  • Microsoft Windows Deployment Services を利用したHP Moonshot システムのカートリッジへのOSの展開
  • HP Helion OpenStack を含む OpenStack クラウドとの連携
  • HP RGS 接続用のディスプレイプロトコルのパラメータ設定をユーザーに許可

新機能

☆ Leostreamコンポーネントのアップグレード
  • Leostream Connect for Windows – version 3.0.182
  • Leostream Agent for Windows – version 5.6.151
  • Leostream Connect for Linux – version 3.1.16
  • Leostream Agent for Linux – Version 3.1.71
☆ HP Moonshot Systems
  • HP Moonshot Systems 用のCenter を作成することができるようになりました。m700 および m710 Server のカートリッジ上にホスティングされたデスクトップのインベントリーや管理ができます。

Moonshot Center

  • Windows Deployment Services との連携により、HP Moonshot ノードへのOSの展開のスケジューリングを自動化します。

WDS

☆ OpenStack
  • HP Helion OpenStack を含む OpenStack® クラウド内の仮想マシンのインベントリー用に、Centerを作成することができるようになりました。
  • OpenStackのCenterにある既存のイメージを使って、OpenStackに新規の仮想マシンにプロビジョニングするように、Pool内でプロビジョニングのパラメーターを設定することができるようになりました。
☆ PCoIP
  • Leostream Connect により、VMware Horizon View Direct Connection Plug-In が動作しているWindows 仮想マシンに、ソフトウェアベースのPCoIP接続を起動することができるようになりました。
  • Connection Brokerは、PCoIPゼロクライアントから、VMware Horizon View Direct Connection Plug-In が動作している仮想マシンへの接続をサポートするようになりました。
  • PCoIPクライアントのスキャンが > Clients のページからリセットできるようになりました。
  • PCoIPのホストデバイスを大量に(バルクで)削除できるようになりました。
  • Leostream Agent のJavaバージョンは、Red HatのOSが動作しているデスクトップへのPCoIP接続のシングルサインをサポートするようになりました。
☆ 不正(Rogue)ユーザーのコントロール
  • Leostreamではないクライアントからデスクトップへ接続するユーザーに対しても、接続デスクトップに割り当てることができるようになりました。ただし、Connection Brokerはこれらのデスクトップを他のLeostreamのユーザーには提供しません。
☆ ユーザーが設定可能なプロトコルプランのパラメーター
  • HP RGS の接続に関して、ユーザーがプロトコルプランのパラメータを設定できるようになりました。
  • NoMachine NX の接続に関して、ユーザーがバッキングストアのパラメータをDisable(無効)にするための値を設定できるようになりました。
  • 設定ファイルに選択されたユーザーの設定可能なパラメータに必要なダイナミックタグがない場合、プロトコルプランのフォームは保存されなくなりました。
  • ユーザーは、デスクトップごとのパラメータ保管の代替として、ユーザーが設定可能なプロトコルのパラメータをグローバルに保存できるようになりました。
  • ユーザーはLeostream ConnectのJavaバージョンを使って、プロトコルプランのパラメータを設定することができるようになりました。
☆ ロケーション
  •  クライアントのロケーションをクライアントのシャーシタイプを使って作成できるようになりました。
☆ リリース・プラン
  • リリースプランが14日間までスケジュールできるようになりました。
☆ 管理者Webインターフェースのオプション
  • > Users > My Options ページに2つの新しいオプションが追加され、Connection Broker Administrator Web インターフェースの使いやすさとパフォーマンスを向上しました。
☆ Leostream Management API
  • VM.Add では、デスクトップのホスト名とIPアドレスを別々にサポートするようになりました。
  • 新しい User.Remove のAPIは、Connection Brokerからユーザーを削除するのに使うことができます。
  • VM.Findでは、あるプールにおけるすべてのデスクトップを返す(return)ことができるようになりました。
☆ セキュリティ
  • Leostreamのセッションファイルは、ディスク上ではなく、メモリ内に保管されるようになりました。
  • Connection Broker の管理者は、> System > Setting ページにある新しいオプションを使って、Leostream Connect クライアントと Leostream Agent とのセキュアな通信するプロトコルを設定することができるようになりました。
  • Connection BrokerにOpenSSL version 1.0.1jが含まれるようになりました。
☆ デスクトップ
  • 新しい Control バルクアクションにより、複数のデスクトップの電源を同時にコントロールすることができるようになりました。
  • 新しい Upgrade バルクアクションにより、複数のデスクトップ上のLeostream Agent を同時にアップグレードすることができるようになりました。

※記載の会社名、製品名等は、各社の商標、登録商標です。

【ニュース】Leostream Connection BrokerがHPのMoonshotをサポート

Leostream Connection Brokerは、HP Moonshot System - HP ConvergedSystem 100 for HDI をサポートしました。

Leo_supported platforms

HP ConvergedSystem 100 for HDIの管理者は、Leostream Connection Brokerから簡単に、ノード管理、ユーザー管理を行うことができるようになります。

Leostreamは、Chassis Manager API経由で、HP ConvergedSystem 100 のシャーシ内のノードのインベントリー、電源管理、デプロイ、ユーザーへのアサイン等をします。OSデプロイ(配布)などのノード管理の操作はConnection BrokerのDesktopsページから行えます。

Leo_Deploy

OSのデプロイには、Windows Deployment Server を利用します。Leostreamの管理画面から、Windows Deployment Server というcenter(センター)を作成し、新規のカートリッジへのOSのデプロイ(配布)を自動化できます。Leostreamだけで管理することができ、シャーシマネージャーを直接操作する必要はありません。

Leostreamがサポートしているプロトコル
  • HP RGS
  • PCoIP
  • RDP/RemoteFX
  • Citrix ICA/HDX
  • VNC
  • NoMachine NX
  • Red Hat SPICE
  • Exceed on Demand    等
Leostream がサポートしているクライアントの種類
  • シンクライアント
  • ゼロクライアント
  • Windows クライアント
  • Linux クライアント
  • iOS デバイス   等

※記載の会社名、製品名等は、各社の商標、登録商標です。

【ニュース】Leostream Connection Broker 7.8.47がリリース

2014年5月21日 – Leostream社より、Connection Broker の最新版 7.8.47がリリースされました。このリリースでは、様々な環境に対応するための機能が追加されました。

Exceed onDemandのサポートを拡張しました。ユーザーはLeostream Web ClientからExceed onDemandへの接続を起動することができるようになりました。

OpenText社の Exceed onDemand とは、企業向けに設計された、非常に優れた管理アプリケーションアクセスソリューションで、グラフィックを大量に利用するケースなどをサポートします。

Exceed onDemandに対応したことにより、Leostreamでは、また新たなハイパフォーマンスのプロトコルを利用できるようになりました。複雑な 3Dのアプリケーションであっても、画像の質、精密度や、色の正確さを失うことなく、迅速にアプリケーションにアクセスできるようになります。

Connection Broker 7.8.47はVMware VSphere 5.0 以上の仮想アプライアンスとしてパッケージされています。VMwareの以前のバージョンや他のベンダのハイパーバイザーへのインストールへは更新ファイルをご利用頂けます。

詳細については、Connection Broker Release Notes をご参照ください。

※ Leostream社としては、Leostream Connection Brokerおよび他のLeostreamのコンポーネントをアップデートされることをお奨めします。最新のソフトウェアは、Leostream社の Downloads & Documentationページにアクセスしてください。

【用語説明】コネクションブローカ(Connetion Broker)とは

VDI(Virtual Desktop infrastructure)でもよく使われているリモートデスクトップのリソースを管理するためのソリューションです。

ユーザーはVDI環境で用意されている複数台の接続先を自分で選択するかわりに自動的に最適なコネクションをさがし割り当てます。

リモートデスクトップはVDIだけでなく、利用する状況ごとに最適な方式があります。たとえば、Office製品を利用する場合にはWindowsのターミナルサービスがありますし、よりリソースを使用する場合にはブレードPCなどがあります。

Leostream コネクションブローカーではそれらいろいろな方式が混在する中でコネクション管理が行えます。

メーカーに依存しないベンダーフリーなコネクションブローカー

Leostream コネクションブローカーはベンダーインディペンデントでVMware, Citrix, Microsoft,や Red Hatの環境もサポートしています。もちろんそれらが混在した環境でも利用できます。

エンドユーザーのデスクトップとアプリケーションのコネクションを管理できます。管理者はエンドユーザーがアクセスするリソースやそれを利用する時間と場所の設定が可能です。

ユーザー設定について

ユーザーごとにアクセスするリソースの設定が行えますが、ディレクトリーと連携させることもできます。

ユーザー数一人ごとに対して設定するのは大変な手間ですが、ディレクトリーと連動させることで管理の手間がへらすことが可能になります。

ディレクトリーに設定されたユーザーグループに対して設定できるので定期的な人事異動などにも対応することができます。

Microsoft Active Directory や Novell eDirectoryなどが利用できます。

混在環境での利用

リモートデスクトップはそれぞれの方式に一長一短がありいくつかの方法を組み合わせることが最適な場合もあります。

Leostream コネクションブローカーではVDI/ VM/ PCブレード/Microsoft Terminal Services,Remote Desktop Sessions/ VMware View/ Citrix XenDesktopなどをサポートしており、OSもMicrosoft WindowsはもちろんのことLinuxもサポートしています。

ユーザー認証はディレクトリーだけでなくスマートカード、USBトークンなどの二要素認証にも対応しております。混在環境では複雑な構成になりますが、ユーザーからはシンプルに扱えるようになっています。

デスクトップ管理

管理者はデスクトップをクライアントとユーザーに割り当て、デスクトップのライフサイクルの管理も行えます。さらにデスクトップの電源、割り当て、リモートビューワープロトコルの管理も行えます。

エンドユーザーのクライント管理

Leostreamコネクションブローカはエンドユーザーとクライアントにポリシーに基づいた管理を可能にします。ポリシーによりデスクトップリソースを最適に運用できるようになります。管理者はリモートセッションに対してユーザーを利用場所、利用端末、USBデバイスでのアクセスの許可などが行えるようになっています。マルチモニター環境でも利用が行えます。

関連リンク

LeoStreamコネクションブローカー

【ニュース】Leostream が Connection Broker 7.8 をリリース

2014年1月2日 – Leostream Connection Broker v7.8 がリリースされました。新たに追加された機能は以下の通りです。

  • 大企業導入で要求される高度なセキュリティ機能
  • ハードウェアベースのPCoIP接続の導入設定を簡単にするツール
  • カスタムでリポートを生成するためのプール使用に関する履歴データ
  • VMware Horizon View Agent Direct-Connectionプラグインを利用するソフトウェアベースのPCoIP接続のサポート

詳細についてはリリースノートをご参照ください。

# # #

記載の会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。

【ニュース】Leostream が HP ブレード環境へのサポートと HP Session Allocation Manager (SAM) からのシームレスな移行を発表

仮想環境やアプリケーションデリバリー、より広範囲のユースケースをサポートすることにより、Leostream は HP SAM 環境の発展を促進

2012年2月13日 (米国マサチューセッツ州ウォルサム)仮想ホスティッドデスクトップソフトウェアの代表的な開発会社である Leostream社 は、HP Session Allocation Manager (SAM) を利用している企業・団体がLeostream 環境を導入することを支援する新しい移行ガイドを発表しました。移行ガイドは、HP SAM の代替品として Leostream を利用するベネフィットを強調し、SAM のユーザーが現在の環境を Leostream により再現することができることを保証しています。

この移行ガイドは、企業・団体が、管理を単純化し、ブレードの導入を拡張することができる、Leostream の機能を強調しています。以下の機能が含まれます。

  • ブレード、ターミナルサービス、Citrix XenApp、仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) のためのシングル管理コンソール
  • Microsoft Internet Explorer、Mozilla Firefox、Google Chrome、Safari のすべてのバージョンを含むすべての Web ブラウザからアクセスできる、管理者用 Web インターフェース
  • リソース利用を最大化し、管理を簡単にする高度なポリシーの割り当て
  • Microsoft Active Directory に加え、Novell eDirectory、OpenLDAP といった認証サーバのどのような組合せを使っていても、複数の信頼されていないドメインに対するユーザー認証
  • あらゆる表示プロトコルに加え、HP Remote Graphics Software (RGS) セッションの完全なサポート
  • ユーザーアクセスとエクスペリエンスをユーザーの物理的なロケーションをベースに調整するための高度なロケーションの認識
  • 監査レベルリポーティング

「Leostream は、重要なお客様に対して、数年間に渡り、HP ブレードと RGS の環境を管理してきました。」と Leostream 社の CEO である Michael Palin 氏は話し、次のように続けました。「我々は、HP のお客様が、Leosream をどのように導入すべきかの調査の通り、成功するよう支援し続けるつもりです。Leostream の HP における実績や、 高度なポリシーベース、ロケーションベースのコントロールにより、SAM からの移行は簡単なだけでなく、企業・団体にとって有益です。」

Leostream 社について
Leostream 社 (http://www.leostream.com) は、企業が大規模のデスクトップの仮想化を実現するのに重要なコネクションブローカー技術を提供します。Leostream Connection Broker は、業界で最も広く採用されているベンダー依存しないコネクションブローカーで、仮想デスクトップの導入の成功に必要とされる、さまざまなク ライアント、バックエンドシステム、プロトコルを統合できるようになります。金融サービス、医療、政府、その他の分野における数百の企業が、「デスクトッ プ仮想化を動作させ」、ベストのエンドユーザーエクスペリエンスを提供するために Leostream Connection Broker を信頼しています。Leostream社は、米国マサチューセッツ州ウォルサムを本拠地としています。

※上記内容は、Leostream社のプレスリリース 「Leostream Announces Continued Support for HP Blade Environments with Seamless Transition for HP Session Allocation Manager (SAM)」 のアイディ ネットワークス(株)による和訳です。

# # #

記載の会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。

【ニュース】 Leostream Connection Broker 6.4 をリリース

ベンダーニュートラルなコネクションブローカーの業界トップ Leostream社が新バージョンをリリース、SQL Server 2008のサポート、ポリシーの柔軟性の向上、ルック・アンド・フィール (画面表示の外観および操作性)のカスタマイズによるブランディング・コンロール機能も追加

2010年4月5日 (米国マサチューセッツ州ウォルサム)、Leostream 社は、ホスティッド仮想デスクトップ基盤 (VDI) のためのコネクションブローカーの新バージョン 6.4 をリリースしました。

Leostream Connection Broker 6.4の新機能

  • SQL Serverサポートのアップデート: 外部データベースとして、Microsoft SQL Server 2008を完全にサポート
  • Webブラウザのルック・アンド・フィールのブランディングおよびカスタマイズ機能: カスタムロゴおよびファビコンを、Leostream Web Client and Administrator の Webインターフェース上で指定できるようになります。シームレスな外観でブランディングコントロールを強化できます。さらに、Leostream Connection Broker の「スキン」は、全てのテキストやリンクを含むフォーム上で使用される色の特定についても、コントロールを提供します。
  • リソース割り当てに関する柔軟性の向上
    • ポリシー: デスクトップフィルターは、ポリシー内のすべてのプールにわたり適用、または、プールごとの適用が可能です。どのデスクトップを各ユーザーに使わせるかについて、きめ細かいコントロールが可能になりました。
    • 認証: ポリシーは、高度なLDAPフィルターの表現を基に、ユーザーに適用できます。これにより、複数の認証サーバグループで、ユーザーのメンバーシップを基にしたポリシー適用が可能になります。
  • パワフルなモニタリング機能: 新しいロギング・イベントにより、トラッキング・プール・スレッショルド(しきい値)およびLeostream Connection Brokerメトリクスのために、SNMPサーバやシスログを使うことが可能です。プールレベルが低い方のスレッショルド(しきい値)に達した時点で、システム管理者は即座に警告されます。

※上記内容は、Leostream社のプレスリリース 「Leostream Releases Connection Broker 6.4 」 からの抜粋をアイディ ネットワークス(株)が和訳しました

<参考> Leostream Connection Broker 6.3(2010年2月8日リリース)での新機能

  • Web Client: A separate Leostream Web client allows users to access their desktops and applications via the Web, and simultaneous access to the Connection Broker Administrator Web interface, as dictated by user’s role and permissions.
  • Roles and Permissions:
    • End user functionality:Roles and policies now work together to provide fine granular control over end user actions including restarting and releasing desktops or managing another users’ sessions.
    • Administrative functionality:Expanded permissions levels can match the “separation of tasks” to user roles by providing or limiting administrator access to individual pieces of the Connection Broker Administrator Web interface.
  • Increased Platform Flexibility: Support for the Xen.org centers adds to Leostream’s existing range of support for the leading virtualization platforms. A Leostream Java Agent installs on the Xen hypervisor to provide inventory and power control for Xen virtual machines. This integration provides enterprises with a wider range of platform choice and enables efficient and effective management of HVDs built on the Xen open source hypervisor platform.
  • Enhanced Remote Access Support for Sun Environments: Tight integration with Sun Secure Global Desktop Software builds upon the Leostream Connection Broker’s existing support for best-in-class gateways and SSL VPNs, and the Connection Broker’s long-standing support for the SunRay/SRSS/Sun ALP environment. With SSGD integration, the Connection Broker now provides secure Web access to Sun environments from any client device.
  • Expanded Support for Hardware PCoIP:Enables quad-monitor layouts for hardware PCoIP, as well as seamless single sign-on for PCoIP clients. Includes automatic binding for PCoIP cards in Amulet Hotkey devices and “follow-me” mode for all PCoIP clients.
  • Optimized End-user Experience:
    • Protocol plans: make the hosted virtual desktop infrastructure “protocol-aware.” System administrators can maintain granular control of remote viewing sessions in multiple protocol environments by specifying exactly which protocols to try and in which order. The protocol plans also allow an available protocol to be skipped. If, for example, all the virtual machines in a VDI have RGS senders installed and there is a group of task workers (i.e. non-power users) connecting, protocol plans can be set up to ensure these users never connect using RGS. For another group, consisting of power users, a second protocol plan could be configured to use RGS.
    • Registry plans: allow for the setting of registry keys on remote desktops based on the client device the user logs in from, providing location-based tuning of the end user’s experience.
    • Dynamic CD and DVD drive redirection: ensures that CD and DVD drives are redirected correctly regardless of the drive letter or client in RDP. Dynamic tags allow IT to specify which, if any, drives to redirect to a user’s remote desktop, further locking down the user’s environment.
  • Ericom Blaze RDP Acceleration and Compression: Support for Ericom Blaze adds another high-performance protocol to Leostream’s extensive portfolio of supported clients and protocols. Leostream users can now choose the Blaze technology as one option to overcome RDP performance issues and accelerate the delivery of end user computing resources.

※上記内容は、Leostream社のプレスリリース 「Leostream Releases Connection Broker 6.3 」 からの抜粋です。

<参考> Leostream Connection Broker 6.2(2009年8月31日リリース)での新機能

  • Installation & Management
    • Easy installation as a virtual appliance: A new Leostream Connection Broker virtual appliance provides native installation on a Windows Server 2008 R2 Hyper-V or Microsoft Hyper-V Server 2008 R2 hypervisor; and
    • Native support for Hyper-V based virtual machines: Simplified discovery and machine power control.
  • End-user Experience Pack: The Connection Broker provides a complete set of features to create an optimal end-user experience with Microsoft desktop virtualization software
    • Windows 7 support: support for Microsoft’s new Windows 7 operating system;
    • RDP 7 support: full support for the new remote desktop protocol (RDP) 7, with its high-performance enhancements such as bi-directional audio and rich graphics;
    • Multimonitor support: Leostream supports multiple monitors with RDP and a wide range of additional protocols;
    • USB Management: USB passthrough policies allow administrators to manage classes of devices or individual devices, depending on need. USB policies can be combined with other Leostream policies, such as location-based policies, to support the exact implementation of business rules;
    • Location-based printing: Administrators can specify a list of network printers to connect to a particular group of clients based on their location. End-users can select local printers when connected to remote desktops;
    • Single Sign On for RDP: Provides seamless access to all versions of Windows virtual desktops from any client device, including Windows 2000, 2003, Windows XP, Windows Vista, and Windows 7;
    • User profile support: Consistently offers the same desktop to the user who travels or changes physical location; and
    • Extensive flexibility in assigning users to resources such as desktops, applications and sessions: Leostream’s powerful policy capabilities are natively available in Microsoft environments.

※上記内容は、Leostream社のプレスリリース 「Leostream Provides Comprehensive Microsoft VDI Support with Release of Connection Broker 6.2」 からの抜粋です。

# # #

記載の会社名、製品名等は、各社の登録商標または商標です。