【用語説明】コネクションブローカ(Connetion Broker)とは

VDI(Virtual Desktop infrastructure)でもよく使われているリモートデスクトップのリソースを管理するためのソリューションです。

ユーザーはVDI環境で用意されている複数台の接続先を自分で選択するかわりに自動的に最適なコネクションをさがし割り当てます。

リモートデスクトップはVDIだけでなく、利用する状況ごとに最適な方式があります。たとえば、Office製品を利用する場合にはWindowsのターミナルサービスがありますし、よりリソースを使用する場合にはブレードPCなどがあります。

Leostream コネクションブローカーではそれらいろいろな方式が混在する中でコネクション管理が行えます。

メーカーに依存しないベンダーフリーなコネクションブローカー

Leostream コネクションブローカーはベンダーインディペンデントでVMware, Citrix, Microsoft,や Red Hatの環境もサポートしています。もちろんそれらが混在した環境でも利用できます。

エンドユーザーのデスクトップとアプリケーションのコネクションを管理できます。管理者はエンドユーザーがアクセスするリソースやそれを利用する時間と場所の設定が可能です。

ユーザー設定について

ユーザーごとにアクセスするリソースの設定が行えますが、ディレクトリーと連携させることもできます。

ユーザー数一人ごとに対して設定するのは大変な手間ですが、ディレクトリーと連動させることで管理の手間がへらすことが可能になります。

ディレクトリーに設定されたユーザーグループに対して設定できるので定期的な人事異動などにも対応することができます。

Microsoft Active Directory や Novell eDirectoryなどが利用できます。

混在環境での利用

リモートデスクトップはそれぞれの方式に一長一短がありいくつかの方法を組み合わせることが最適な場合もあります。

Leostream コネクションブローカーではVDI/ VM/ PCブレード/Microsoft Terminal Services,Remote Desktop Sessions/ VMware View/ Citrix XenDesktopなどをサポートしており、OSもMicrosoft WindowsはもちろんのことLinuxもサポートしています。

ユーザー認証はディレクトリーだけでなくスマートカード、USBトークンなどの二要素認証にも対応しております。混在環境では複雑な構成になりますが、ユーザーからはシンプルに扱えるようになっています。

デスクトップ管理

管理者はデスクトップをクライアントとユーザーに割り当て、デスクトップのライフサイクルの管理も行えます。さらにデスクトップの電源、割り当て、リモートビューワープロトコルの管理も行えます。

エンドユーザーのクライント管理

Leostreamコネクションブローカはエンドユーザーとクライアントにポリシーに基づいた管理を可能にします。ポリシーによりデスクトップリソースを最適に運用できるようになります。管理者はリモートセッションに対してユーザーを利用場所、利用端末、USBデバイスでのアクセスの許可などが行えるようになっています。マルチモニター環境でも利用が行えます。

関連リンク

LeoStreamコネクションブローカー