Privileged Remote Access 23.2.2 リリースノート

2023年7月18日

元のドキュメント

動作環境に関する要件:

  • Base 7.0.0
  • ECM 1.6.0
  • Integration Client 1.7.5

Privileged Remote Accessの最新バージョンでサポートされているプラットフォームのリストについては、サポートされているプラットフォームを参照してください。

Privileged Remote Accessの旧バージョンに関する対応プラットフォームのガイドは、Privileged Remote Accessのドキュメントアーカイブにあります。

新機能と機能向上:

これはメンテナンスリリースです。新機能は特にありません。

  • 解決された問題点:
  • SAMLプロバイダに対するグループ検索名の不正な強制を解決
  • Webアクセス・コンソール・サービスの中断を解決
  • 認証に SCIM と SAML の両方を使用した場合のログイン失敗の問題を解決
  • スタンドアローンのハングル/英語切り替えキーが機能しない問題を解決
  • リモート RDP セッションの更新に関する問題を解決
  • アップグレード時に承認リストが予期せず変更される問題を解決
  • 不明瞭な Web ジャンプインジェクションの失敗を解決
  • SAMLポータルログイン時に表示される偽のエラーメッセージを解決
  • 東欧夏時間の最近の変更の組み込み
  • 8ビット画面のRDP サポートを追加
  • ログイン時にジャンプ メニューにアクセスできない稀な問題を解決
  • 顧客クライアントで利用規約の全文をコピーするとクラッシュする問題を解決
  • テキストが大きくなりすぎることがあるRep Console のスケーリングに関する問題を解決
  • 一部の SFTP サーバーに接続するときに発生するシェルジャンプの動作を改善
  • DUOプロバイダの共存に関する誤った設定を解決
  • Windows ネイティブのダイアログと一致するように、ドメインのみを指定した場合の認証ダイアログの動作を調整
  • SAML ログインを使用するように設定された Rep コンソールでのアップグレードの失敗を解決
  • クラスタ化されていないサイトで最大ジャンプ クライアントを増やすと、ライブ アップデートでソフトウェアの再起動が必要になる問題を解決

既知の問題点:

なし

注意事項:

  • このバージョンのPrivileged Remote Accessは、物理的なBeyondTrustアプライアンス、仮想BeyondTrustアプライアンス、およびクラウド展開モデル向けに認証済
  • GA検証済み
  • 22.2.1 PA+からのアップグレードをサポート
  • ECM Protocol 1.6をサポート
  • VSC 1.2.6.1を含む
  • このリリースは、以下のモバイルバージョンで認証済み
    • iOS Access Console 3.1.2 以上
    • Android Access Console 2.2.11 以上

コメント