BeyondTrust Jump テクノロジー

設定不要のインターネットアクセス

リモートアクセスを行うときには通常設定変更が必要です。
BeyondTrustのRemote SupportPrivileged Remote Access(PRA)では利用者に煩わしい設定変更なしにインターネットを経由したリモートアクセスを実現しています。

Jump テクノロジーの仕組み

一般的に使用されているhttps (ポート番号 443)を使用することで、ファイアウォールの設定やVPNに接続するための複雑な設定をすることなく、リモートアクセスを可能にしています。

Jump Client (エージェント型)

この方式はサポートされるPCやサーバーにエージェントソフトウェアをインストールする方法です。

ソフトウェアをインストールすることにより管理者はアクセスができるようになります。

Jumpoint経由のアクセスはエージェントインストールは不要ですが、その分ファイル共有、レジストリー管理など高度な管理が可能になります。

BeyondTrust Jump Client
BeyondTrust Jump Client

Jumpoint

一台ごとにJump Clientをインストールすることなしに複数台のサーバーへのアクセスが可能になります。

Remote Support/ PRAとJumpoint間はhttps (443)で通信を行い、対象サーバとJumpoint間はRDPやSSHなど汎用なプロトコルを利用して通信を行います。

Jumpoint
Jumpoint

Remote RDP

Jumpointと対象PC/サーバーの間はWindows RDPプロトコルを使います。画面共有のみ対応しています。

Shell Jump

Jumpoint と対象サーバーではsshを利用します。sftpも利用できるのでファイル共有も可能です。

Local Jump/ Remote Jump

Windowsで利用される方式でRDPを使わないためファイル共有、レジストリー管理、Dosコマンドが利用できます。