Remote Support

English -> Visit original BeyodTrust page

Windows、macOS、Linux、Android、iOS など、どこからでもあらゆるデバイス、あらゆるシステムへの安全なアクセスとサポートでサービス デスクを強化します。

  1. 使用例
    1. 企業全体にわたる最新のサービスの提供
    2. 包括的かつ安全なリモート サポート
    3. VPN を使用しない安全なリモート アクセス
  2. 主な特徴
    1. リモートアクセス制御
    2. 大規模で高い効率運用
    3. ジャンプクライアント
    4. カスタマイズとユーザーエクスペリエンスのコントロール
    5. 監査とコンプライアンス
    6. インテグレーション
  3. 製品のハイライト
    1. すべてのプラットフォームとデバイスのサポート
    2. 最適化されたサポートパフォーマンス
      1. アクティブなリモート サポート セッションを監視する
    3. 業界をリードするセキュリティ
      1. 唯一の FIPS 140-2、レベル 1 で検証されたリモート サポート製品
    4. 強力な統合
      1. サービスデスクのワークフローを調整する
    5. 顧客とアナリストの両方から認められる
  4. 機能
    1. リモートコントロールと画面共有
    2. インテリジェントなワークフロー
    3. スクリプトを使用してサポート手順を自動化する
    4. 幅広いプラットフォームとデバイスのサポート
    5. Web担当者コンソール
    6. 安全な資格情報保管
    7. Jump Client (ジャンプクライアント)
    8. SSH または Telnet 対応デバイスへのシェル ジャンプ
    9. リモートアクセスのセキュリティ制御
    10. ネイティブ 2FA を実装する
    11. すべてのアクセスに最小権限を適用する
    12. リスクの高いリモート RDP、VNC、VPN、およびその他の監査が困難なリモート アクセス パスを排除
    13. 認証情報代理入力でパスワードベースの脅威を軽減
    14. 堅牢な暗号化を使用する
    15. すべてのセッションを監査する
    16. コンプライアンスの実現
    17. ブランディングとカスタマイズ
  5. 関連ページ
    1. テクノロジー

使用例

企業全体にわたる最新のサービスの提供

単一のツールで、Windows、macOS、Linux、iOS、Android など、ネットワーク内外のあらゆるユーザー、デバイス、システムをサポートします。

包括的かつ安全なリモート サポート

安全な有人および無人アクセス機能を活用して、サーバー、ワークステーション、ネットワーク デバイス、キオスクなどのトラブルシューティング、更新、サポートを行います。

VPN を使用しない安全なリモート アクセス

すべてのセッションを監査する安全な VPN レス ツールを使用して、安全でないリモート アクセス経路と攻撃ベクトルを保護します。

主な特徴

安全なリモート サポートとアクセスにより、サービス デスクの解決までの時間を短縮します。

リモートアクセス制御

企業ネットワーク内外のデバイスにアクセス、診断、修正し、シック クライアント、ブラウザベース、またはモバイル アクセスによるサポートを提供します。

大規模で高い効率運用

外部ディレクトリと統合してインフラストラクチャの成長に合わせて拡張します。大量インストーラー、定型スクリプト、エスカレーション機能を使用して作業を簡素化します。

ジャンプクライアント

システムへの無人アクセスを容易にし、大規模導入とジャストインタイム アクセスにより企業の効率性をもたらします。

カスタマイズとユーザーエクスペリエンスのコントロール

導入の一意の URL とクライアントをブランド化し、ポータルをカスタマイズし、招待状、透かし、アンケートをサポートします。

監査とコンプライアンス

リアルタイムのレポート、詳細なビデオ ログなどを使用して、すべてのセッション アクティビティを記録して、完璧な監査証跡を作成します。

インテグレーション

リモート サポートを信頼できる CRM、ITSM、SIEM、パスワード ツールをインテグレーションします。または、オープン API を使用してカスタム統合を作成します。

製品のハイライト

すべてのプラットフォームとデバイスのサポート

プラットフォーム間、ネットワーク上またはネットワーク外のデバイス間でシームレスにトラブルシューティングを行います。

どこにいてもデバイスのトラブルシューティングができるリモート サポート ソリューションをさらに活用しましょう。サーバー、ワークステーション、ネットワーク デバイス、およびオフネットワーク デバイス、ロボット、マシン、キオスク、その他のデバイスなどの無人システムにリモート アクセスします。

Windows、Linux、macOS、Chrome OS、iOS、Android などをサポートします。

最適化されたサポートパフォーマンス

アクティブなリモート サポート セッションを監視する

リモート サポート ダッシュボードを使用して、サポート チームを管理し、セッション負荷の分散を監督し、サポート セッションを転送または引き継ぎ、担当者のデスクトップを監視します。

どの担当者がアイドル状態か、ビジー状態か、セッションを受けられるか、または自動割り当てがオフになっているかをすぐに知ることができます。チーム全体のステータスの視覚的な概要を活用できます。

業界をリードするセキュリティ

唯一の FIPS 140-2、レベル 1 で検証されたリモート サポート製品

リモート サポートは、高度な認証、最小権限のアクセス許可制御、リモート セッションのログ記録とフォレンジック、リモート接続への安全なアクセス、効率的なアーキテクチャのセグメント化を提供します。企業のセキュリティ体制を緩めたり、生産性に影響を与えたりすることなく、クラス最高のサポート エクスペリエンスを提供します。

BeyondTrust は、FIPS 140-2、レベル 1 検証を​​備えた唯一のリモート サポート製品を提供します。この成果は、FedRAMP、FISMA、DoDIN APL、Common Criteria、HIPAA、および HITECH 医療規制が適用される組織だけでなく、セキュリティを優先するその他の民間または公共部門の組織にも当てはまります。

強力な統合

サービスデスクのワークフローを調整する

BeyondTrust のすぐに使える統合により、サービス デスクのパフォーマンスが向上し、重要なコンテンツがワークフローに追加され、セキュリティが向上します。当社のオープン BeyondTrust API により、あらゆるカスタム統合が可能になります。

統合には、ITSM、変更管理、Active Directory、LDAP、SAML、SIEM などが含まれますが、これらに限定されません。

顧客とアナリストの両方から認められる

BeyondTrust は、2023 Gartner® Peer Insights™ Voice of the Customer: Remote Desktop Software レポートで顧客の選択として認められました。BeyondTrust リモート サポートは、レビュー期間中に Gartner® Peer Insights™ プラットフォームで検証された顧客レビューを通じて次の成果を獲得しました。

2023 年 6 月 30 日時点で 108 件のレビュー中、総合評価 4.6/5
製品機能の評価 4.7/5
91% がそのソリューションを「推奨する」

この評価により、 BeyondTrust リモート サポートがこのクラスの主要なソリューションであることがさらに実証されたと考えています。BeyondTrust 独自の調査を通じて、リモート サポートの顧客の 70% 以上がこの製品によりインシデント処理時間の短縮を達成し、85% が最初の通話の解決を改善し、85% が顧客満足度 (CSAT) スコアの向上を実感したことを誇りに思っています。

機能

リモートコントロールと画面共有

BeyondTrust のリモート コントロールおよび画面共有機能は、解決までの時間を短縮しながら、サポートを効果的に拡張するのに役立ちます。当社のリモート サポート ソフトウェアは、対面でのリモート サポート エクスペリエンスを仮想的に再現するように設計されています。デバイスのリモート コントロールを活用して、ほぼすべてのコンピュータ、モバイル デバイス、またはその他のエンドポイントの画面に安全にアクセスして表示すると同時に、メンテナンス、トラブルシューティング、またはヘルス チェックも実行します。有人または無人のアクセスと制御を介して、すべてのリモート サポートのユースケースに対応します。

インテリジェントなワークフロー

インテリジェントなコラボレーション機能とエスカレーション機能により、技術者はサポート リクエストで他の技術者と直接協力したり、サポート リクエストをできるだけ効果的に処理して解決できるように、他の技術者をチェーンの上位に渡すことができます。

チャット サポート、リモート カメラ共有、定型スクリプト、スキルベースのルーティングなどは、チームがより迅速にインシデントを解決し、生産性を向上させるためのすぐに使用できる機能の一部にすぎません。ServiceNow を含む既存の ITSM 導入およびチケット発行ソリューションとのフル機能の統合により、効率的な解決を推進するための重要なコンテキストが組み込まれながら、ワークフローが合理化されます。

スクリプトを使用してサポート手順を自動化する

リモート サポートの定型スクリプト機能を使用すると、ワンクリックでコマンドを送信し、リモート デスクトップおよびサーバー上でパッチやアプリを実行し、日常的な診断、トラブルシューティング、修復手順を自動化できます。

リストから適切なスクリプトを選択し、コマンド ライン インターフェイスから実行するだけです。既定のスクリプト ライブラリを作成して、リモート デスクトップ サポート セッション中に技術者が簡単にアクセスできるようにします。グループ ポリシーを使用して、スクリプト アクセスを微調整します。

幅広いプラットフォームとデバイスのサポート

プラットフォームのサポートが広がれば広がるほど、単一のツールを使用してサポートを標準化し、インシデント処理時間や技術者の生産性を向上させ、その他の効率を向上させることができます。BeyondTrust ソリューションは、ネットワークのオン/オフを問わず、Windows、Linux、macOS、Chrome OS、iOS、Android、Zebra デバイス、キオスク、その他のマシンをサポートします。

Web担当者コンソール

世界中のどこにいても、どの Web ブラウザからでも安全なリモート サポートを実現します。エンドユーザーやシステムからのデスクトップアプリケーションやプラグインは必要ありません。

BeyondTrust の Web Rep コンソールを使用すると、任意のコンピュータ上の任意の Web ブラウザ (Chrome、Firefox、Edge など) から安全なリモート デスクトップを提供できるため、どこからでも問題の診断と修正をすぐに開始できます。

安全な資格情報保管

IT サービス デスクによる特権資格情報の使用を安全に保存、共有、追跡します。Vault for Remote Support は、盗まれた認証情報とパスワードに関連するサービス デスクの脅威を軽減します。

  • 検出:サービス デスクで一般的に使用される特権アカウントを検索して追跡します。
    マスキング:知らないことを漏らすことができないユーザーに対してプレーン テキストのパスワードを隠します。
  • ローテーション:パスワードを使用するたびに自動的または手動でローテーションします。
    注入:ワンクリックで資格情報をエンドサーバーとシステムに直接注入します。
    監査とコンプライアンスの追跡:共有資格情報の個人使用を含むアクティビティを追跡および記録します。
  • チェックイン/チェックアウト: BeyondTrust セッション外で使用する資格情報を取得します。

Jump Client (ジャンプクライアント)

Jump Clientを使用すると、リモート ネットワークを制御していない場合でも、リモート コンピューターを制御できます。アクセスする必要がある各システムに Jump Client をインストールするだけで、セッションの相手がいるかどうかに関係なく、どこにいても Jump Client を制御してサービスを提供できるようになります。

リモート サポート ジャンプ クライアントを使用すると、IT インフラストラクチャの拡大に応じて数百または数千のシステムへの無人アクセスを管理し、代表コンソールと無人エンドポイントの両方に対する大量インストーラー パッケージを作成できます。

Jump Clientは、Windows、Mac、Raspberry Pi、Linux コンピュータに加えて、Android スマートフォンやタブレットにもインストールできます。BeyondTrust がサポートするプラットフォームや場所からアクセスできます。

SSH または Telnet 対応デバイスへのシェル ジャンプ

BeyondTrust リモート サポートの Shell Jump を使用すると、技術者は Jumpoint 経由で SSH 対応デバイスまたは Telnet 対応デバイスにリモート アクセスでき、問題のリモート システムへの安全なコマンド ライン アクセスが可能になります。

コマンド ラインから直接 Shell Jump 設定を変更し、組織全体のアクセス パラメーターを微調整します。

リモートアクセスのセキュリティ制御

きめ細かい役割、権限、セッション ポリシーを使用して、サービス デスク全体に強力な基本セキュリティを実装します。最小限の権限を強制し、技術者がその役割に必要な適切な量のアクセス権を確実に付与できるようにします。

ネイティブ 2FA を実装する

BeyondTrust Verify は、すべてのリモート サポート ユーザーに対して有効にすることができる TOTP ネイティブ 2FA 機能であり、リモート サポート セッションが開始される前にユーザーの ID をさらに検証します。

すべてのアクセスに最小権限を適用する

特権アクセス管理のベスト プラクティスをサービス デスクまで拡張します。50 を超える個別の権限を活用して、アクセス レベルを微調整できます。また、既存のディレクトリ サービス (LDAPS、Kerberos、スマート カード、RADIUS) と統合されているため、Active Directory でサポート担当者のアカウントを変更すると、それが自動的に BeyondTrust に反映されます。

リスクの高いリモート RDP、VNC、VPN、およびその他の監査が困難なリモート アクセス パスを排除

BeyondTrust リモート サポートは、TCP ポート 443 を使用したアウトバウンドのみのセッション トラフィックを使用します。ポートの露出を最小限に抑えることで、サポート サイトの潜在的な攻撃対象領域を大幅に減らすことができます。BeyondTrust は VPN トンネリングを使用せずにファイアウォールを介して動作するため、境界のセキュリティをそのまま維持できます。エンド ユーザーは、サポート ポータル、Windows アプリケーション、または BeyondTrust からサポート リクエストを開始できます。リモート デスクトップを制御してサポート セッションを開始することもできます。BeyondTrust の特許取得済みの Jump テクノロジーを使用すると、VPN なしで未知のネットワーク上の無人システムにアクセスできます。

認証情報代理入力でパスワードベースの脅威を軽減

BeyondTrust リモート サポートにはパスワード ボールトが付属しており、ユーザーはワンクリックで資格情報をエンド サーバーやシステムに直接挿入できます。ユーザーはプレーンテキストの認証情報を見ることがないため、認証情報を侵害することができず、セキュリティが大幅に向上します。このソリューションは、フル機能の特権資格情報管理ソリューションである BeyondTrust Password Safe など、他のパスワード管理製品とも統合されています。

堅牢な暗号化を使用する

すべてのセッション トラフィックと転送中のデータは暗号化されます。すべてのセッション接続で SSL の使用を強制し、TLSv1.2 を使用して転送中のデータの暗号化を有効にします。

すべてのセッションを監査する

BeyondTrust は、詳細な監査証跡として各リモート セッションをログに記録します。このソリューションは、画面共有セッション全体にわたって、エンドポイント画面の目に見えるユーザー インターフェイスのセッション ビデオを記録します。これには、いつでも誰がマウスとキーボードを制御しているかを識別するためのメタデータも含まれます。

コンプライアンスの実現

PCI、HIPAA、ISO、GDPR、SOC 2、またはその他の規制の対象かどうかに関係なく、BeyondTrust を使用すると、必要な詳細なアクセス監査証跡、ログ、レポートを簡単に作成できます。一意のユーザーを識別し、どのシステムが接続されているかを示し、リモート接続経由でどのようなアクションが実行されたかを示す構成証明レポートを作成します。資格情報の使用状況についてもレポートします。ビジネスが GDPR の対象となる場合、リモート サポートはセッションの開始前にエンド ユーザーの同意を取得して取得します。

ブランディングとカスタマイズ

サポート エクスペリエンスをカスタマイズしてブランド化することで、ブランド認知度を高め、エンド ユーザーとの信頼を築きます。ブランド ポータル、サポートへの招待、カスタム ウォーターマーク、ロゴのアップロード、セッション終了後のアンケートなどの機能により、エンド ユーザーによるブランド認知をより適切に制御できます。

関連ページ

テクノロジー

BeyondTrust Jump テクノロジー

BeyondTrust Jump テクノロジー
Remote Support/ Privileged Remote Accessは利用者に煩わしい設定変更なしにインターネットを経由でのリモートアクセスを可能にしています。httpsの通信を許可している組織が多く、それを利用したリモートアクセスができるようになっているからです。